会社案内 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

会社案内

― 喜びをつなぐ ―

 朝日カルチャーセンターにとって、お客さまの喜びがすべてです。知る喜び、習う喜び、心身の状態を整え、健康に暮らす喜び、仲間と過ごす喜び。お客さまにさまざまな喜びをお渡しし、喜びをつないでいきます。私たちの教室が出発点になり、喜びの輪が広がって世の中がほんのりと明るくなる。それが私たちの願いです。

(お客さまへの約束)
私たちはお客さま第一の仕事をします。
私たちはお客さまに喜んでいただくことを喜びとします。
私たちはお客さまの喜びと喜びをつなぎ、世の中を明るくします。
私たちはこの国の自然と歴史が育んだ伝統文化を守り、文化の担い手になります。
私たちは各地の地域社会に受け継がれる暮らしと文化に光を当てます。
私たちは知的探求や芸術的創造の最新の動向、成果に光を当てます。
私たちはいつも、お客さまの健康とこころ豊かな暮らしを願っています。

ロゴマークについて

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

 カルチャーとコミュニケーションの "C" をモチーフに、「知識・教養の芽」を表しています。やわらかな曲線で描いた一筆書きの芽は、親しみやすさを感じさせ、人と人とのつながり、人と文化とのつながりが生まれる場であることを表現しています。

会社概要

 朝日新聞社の文化活動として、東海道新幹線が運行を始め、東京オリンピックが開催された1964年に名古屋でオープンしました。2009年10月1日、朝日新聞社の100%子会社だった東京、名古屋、大阪、九州の4社が合併して一社化。同時に旅行業の国内最大手㈱ジェイティービー(JTB)の資本参加を受け、札幌から福岡まで全国に13教室を展開する新生「(株)朝日カルチャーセンター」として生まれ変わりました。朝日新聞社とJTBの提携関係を土台に、「朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾」の両ブランドを掲げて、新たな歴史を築き始めています。

 教養、語学、趣味、実益、健康などにかかわる各種講座を数多く設け、運営しています。わが国最大級の生涯学習センターです。

 さまざまな実績をもつ一流講師多数を擁し、学ぶことの素晴らしさを知る多くの受講者の皆さまに足を運んでいただいています。札幌、新宿、立川、横浜、湘南(藤沢)、名古屋、中之島、くずは、芦屋、川西、京都、北九州、福岡の13教室に加え、2017年5月には同じ朝日新聞系列の朝日カルチャーセンター千葉を吸収合併。計14拠点で全国ネットワークを形成し、皆さまにご満足いただける講座を提供し続けています。

資本金
1億円
代表者
代表取締役社長 高田 圭子
役員
13人(常勤8人)
年間売上
約42億円
社員
約150人(ほかにパート約170人)
事業所
新宿・横浜・湘南(藤沢)・立川・千葉・札幌・名古屋・中之島・くずは・芦屋・川西・京都・北九州・福岡
営業休日
夏期休暇、年末年始休暇、国民の祝日