中世の鎌倉を歩く| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

中世の鎌倉を歩く 鎌倉東北部を歩く

講師名 日本考古学協会会員 馬淵 和雄
講座内容
妙本寺・五輪塔
鎌倉幕府が滅ぶと、街の主体をそれまでの若宮大路一帯からかつての東西街道に戻そうとする動きが起きます。南北朝から室町時代前期の東国10ケ国の首府である鎌倉府を中心に、周辺の寺社を巡ります。
日時・期間 木曜 10:30-15:30 07/26~07/26 1回
日程 2018年 7/26
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,456円
一般 3,996円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 鎌倉駅集合解散、歩きやすい服装、靴、飲み物
講師紹介 馬淵 和雄 (マブチ カズオ)
日本考古学協会理事。徳島県生まれ。鎌倉在住。専門分野:歴史考古学・中世文化。研究テーマ:権力と宗教・都市構造論・中世の精神世界・鎌倉論・食文化・東アジア交易・陶磁器
著書:『鎌倉大仏の中世史』新人物往来社、『よみがえる中世 武士の都鎌倉』(共著)平凡社 、『都市鎌倉と坂東の海に暮らす』(共著)新人物往来社、『掘り出された鎌倉』(共著)江ノ電百貨店 、『北条時宗とその時代』(共著)NHK出版、「よみがえる中世都市 鎌倉」(『歴史読本』'94.11月号)新人物往来社 、「鎌倉大仏とは何か」(『大航海』14)新書館、
「鎌倉大仏建立秘史」(『鎌倉と北条氏』)新人物往来社、 「囲炉裏と鍋と―中世の煮炊き」(『月刊百科』315)平凡社、その他一般向け概論・専門論文多数

履歴