映画で考えるフランスの家族像| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

映画で考えるフランスの家族像

講師名 日本経済大学教授 安井 裕司
講座内容
大統領より夫人が25歳年上の国。少子化に悩む先進諸国の中で出生率が高い国。結婚という枠にとらわれず婚外子の出産比率が高い国。そんなフランスの家族像を映画『愛するための第9章』を手がかりに考えてみます。精神科医の主人公が9ヶ月かけて父になることを決意する映画です。
日時・期間 月曜 10:30-12:00 10/02~10/02 1回
日程 2017年 10/2
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 安井 裕司 (ヤスイ ヒロシ)
法政大学社会学部卒業後、ロンドン大学スラブ・東欧学研究所(イングランド)、エジンバラ大学(スコットランド)に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。エジンバラ大学社会学部博士課程満期退学。2003年、2004年、国連大学国際紛争研究所(北アイルランド)国際夏期講習クラス・コーディネーター、法政大学研究員を経て、現職。専攻は国際社会学。

履歴