禅僧・仙厓に学ぶ充実した隠居生活のススメ| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

【新設】禅僧・仙厓に学ぶ充実した隠居生活のススメ 仙厓禅画の魅力

講師名 出光美術館学芸課長代理 八波 浩一
講座内容
八波講師
白隠とならび、江戸時代の臨済宗を代表する禅僧・仙厓。「老人六歌仙画賛」などユーモア溢れる「禅画」は現存するものだけでも2000点近く、しかもそのほとんどは還暦を過ぎ、隠居生活に入って以降、約25年の間に制作されました。晩年の生活と作品を振り返りながら、 “ご隠居”仙厓の説いた人生の味わい深い教訓の数々を一緒に振り返ってみましょう。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 07/21~07/21 1回
日程 2018年 7/21
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 八波 浩一 (ヤツナミ ヒロカズ)
出光美術館 学芸課長代理。
1962年、福岡県生まれ。国際基督教大学、同大学院修士課程修了(美術・
考古学専攻)。成城大学大学院博士課程修了(古代日本・中国美術史専攻)。1992年、出光美術館に入り、現在、同館学芸課長代理。主に、中国・日本の古代美術、および仙厓の禅画および仏教美術、ルオーを担当。
出光美術館恒例の「仙厓展」をはじめ、「描かれた極楽と地獄展」「アジア美術名品展」「パリ・ギメ美術館展」などを企画、担当。

履歴