幕末・維新を動かした人たち| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

幕末・維新を動かした人たち

講師名 日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員 穂高 健一
講座内容
①4/21「大塩平八郎と天明・天保の大飢饉」大坂東町奉行の名高い与力・大塩平八郎が、強い正義感で腐敗役人を片っ端から捕縛する。かたや、貧民救助への苦悩、そして決起に及ぶ。島原の乱から200年ぶりの国内の乱となった。
②5/19「阿部正弘とペリー提督来航」黒船が立ち去った10日後、家慶将軍は死去した。若き老中首座の阿部正弘に全責任がかかった。德川御三家、譜代大名、外様大名らは「夷狄を撃ち払え」の大合唱。阿部は大胆にも、町人で罪人中の高島秋帆の意見を採用し、開国に踏み切った。
③6/16「岩瀬忠震と日米通商条約」幕末三傑の岩瀬忠震は、ハリスを以って「私をたびたび閉口させた。岩瀬・井上を全権できた日本は幸福であった。日本のために偉功ある人なり」と言わしめた。彼らは英仏に対して日本の植民地化をあきらめさせる条項を折り込んだ。
日時・期間 土曜 13:00-15:00 04/21~06/16 3回
日程 2018年 4/21
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 8,424円
一般 9,720円
教材費
設備維持費 324円
注意事項
講師紹介 穂高 健一 (ホダカ ケンイチ)
1943年、広島県生まれ。「千年杉」で第42回地上文学賞受賞。掲載作「潮流」は第7回いさり火文学賞(北海道新聞社、2004年)受賞。、2004年9月13日から10月5日まで北海道新聞に掲載。日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ広報委員会委員、日本山岳会会員、日本写真協会会員。ジャーナリスト、写真家としても活動中。

履歴