新約聖書を歴史軸の中で捉える| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

新約聖書を歴史軸の中で捉える

講師名 千葉大学教授 加藤 隆
講座内容
加藤隆
紀元後1世紀前半のイエスによるユダヤ教改革の活動が発端となって、1世紀半ば以降、さまざまな文書が作られ、新約聖書にまとめられます。キリスト教がなぜ生じたのか、新約聖書の諸文書のさまざまな立場とはどのようなものか、新約聖書が権威あるものとなった意味、などについて考えます。

日時・期間 土曜 10:15-12:00 10/14~12/16 3回
日程 2017年 10/14
受講料(税込み)
10月~12月(3回)
会員 8,424円
教材費
設備維持費 324円
注意事項
お申込みの前に トライアル可 見学可
講師紹介 加藤 隆 (カトウ タカシ)
1957年神奈川県生まれ。ストラスブール大学プロテスタント神学部博士課程修了、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程修了。神学博士。現在、千葉大学文学部及び人文社会科学研究科教授。主な著書に『新約聖書の誕生』(講談社学術文庫、2016年)、『新約聖書はなぜギリシア語で書かれたか』(大修館書店、1999年)、『一神教の誕生 ユダヤ教からキリスト教』(講談社現代新書、2002年)、『福音書=四つの物語』(講談社選書メチエ、2004年)、『『新約聖書』の「たとえ」を解く』(ちくま新書、2006年)、『旧約聖書の誕生』(筑摩書房)、『武器としての社会類型論』(講談社現代新書、2012年)ほか。訳書に、E・トロクメ『キリスト教の揺籃期』(新教出版社、1998年)、 ビュルネ『新約聖書入門』(白水社、2005年)などがある。

履歴