気楽につかもう 文章のコツ| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

気楽につかもう 文章のコツ

講師名 元朝日新聞記者・大学講師 高橋 俊一
講座内容
わかりやすく伝わる文章をめざして、すぐに役立つ書き方のコツを知っておきませんか。肩の力を抜いて、楽しみながら確かめましょう。物事を見つめる力も自然とつきます。今年発売した拙著「すぐ書ける! 頭のいい文章」から、ここぞというコツについてお話します。
日時・期間 土曜 13:00-15:00 10/14~10/14 1回
日程 2017年 10/14
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 高橋 俊一 (タカハシ シュンイチ)
たかはし しゅんいち 1950年生まれ。早稲田大学卒。毎日新聞社会部記者などをへて朝日新聞社入社。横浜支局、社会部記者から北海道報道部次長、朝日学生新聞編集部長、世論調査室次長、総合研究本部経営研究担当部長兼主任研究員、ジャーナリスト学校主任研究員などを歴任した。この間、日本記者クラブ会員、早稲田大学メディア文化研究所客員研究員。現在は日本大学および大学院講師、フリージャーナリスト・コラムリスト。↓↓ 著書に『すっきり! わかりやすい! 文章が書ける』(すばる舎)『決定版! すっきり書ける文章のコツ80』(成美堂出版)『水が危ない』『飢えない国スイス』『複合飢饉』(家の光協会)『健康の時代』(毎日新聞社=アップジョン医学記事賞受賞)、『たべもの革命』(文化出版局)、『第四の子供たち』(光書房)、論文に『調査報道こそメディアの神髄』『匿名社会とどう向き合うか』『調査ジャーナリズムの現状と諸問題』など。近著は、『決定版! すっきり書けるビジネス文章のコツ75』(成美堂出版)を今年刊行した。

履歴