徳川家の明治維新| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

【新設】徳川家の明治維新 トクガワケノメイジイシン

講師名 歴史家 安藤 優一郎
講座内容
講師
明治維新を境に、徳川家は江戸から静岡にお国替えとなり、所領も800万石から70万石に減らされます。ここに静岡藩という新たな藩が生まれましたが、30000人を越えた家臣団のリストラは必至の情勢でした。幕臣の多くは、給与ゼロでも静岡藩士となる道を選び、徳川家とともに静岡に向かいますが、それは苦難の道のはじまりでした。徳川家とその家臣たちが明治の世を必死に生き抜き、ついには薩摩・長州藩を主軸とする明治政府が羨むほどの成果を挙げた、知られざる静岡藩徳川家の明治維新を御紹介します。

日時・期間 土曜 13:00-14:30 10/27~10/27 1回
日程 2018年 10/27
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,024円
一般 3,456円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 安藤 優一郎 (アンドウ ユウイチロウ)
1965年、千葉県生まれ。文学博士(早稲田大学)。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。主な著作に『大奥の女たちの明治維新』(朝日新書)、『徳川慶喜と渋沢栄一』(日本経済新聞出版社)『幕末維新 消された歴史』(日経文芸文庫)『「街道」で読み解く日本史の謎』(PHP文庫)『西郷隆盛の明治』(洋泉社歴史新書)『参勤交代の真相』(徳間文庫カレッジ)など。

履歴