愛のイギリス文学| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

愛のイギリス文学 詩人たちが紡いだ「愛」の言葉

講師名 早稲田大学・上智大学大学院講師 齊藤 貴子
講座内容
男と女、親と子など、人と人を繋ぐ愛。それは文学において決して色褪せることのない永遠のテーマです。ユーモアと皮肉がお家芸といわれるイギリス文学ではありますが、その真髄たる詩の世界は基本的にすこぶる「純」で、恋を知り、人を愛することで深まりゆく喜びと悲しみに満ちあふれています。かのシェイクスピアをはじめ(シェイクスピアは詩人です!)イギリスの代表的な詩人たちがそれぞれに紡いだ「愛」の言葉を味わいます。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 10/28~10/28 1回
日程 2017年 10/28
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 齊藤 貴子 (サイトウ タカコ)
早稲田大学・上智大学大学院講師
横浜市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同大学大学院教育学研究科博士課程修了。早稲田大学および同大学エクステンションセンター講師。上智大学大学院文学研究科講師。専門は近代イギリス文学・文化で、主として詩と美術の相関を研究。著書に『もう一度、人生がはじまる恋~愛と官能のイギリス文学~』(PHP新書)、『ラファエル前派の世界』(東京書籍)、『21世紀 イギリス文化を知る事典』(出口保夫、小林章夫と共編著、東京書籍)、『諷刺画で読む十八世紀イギリス~ホガースとその時代~』(小林章夫と共著、朝日選書)、『楽しいロンドンの美術館めぐり』(出口保夫と共著、講談社)。編訳書に『英国ロマン派女性詩選』(国文社)、『音読・暗唱 愛と夢の英詩集』(出口保夫と共訳、講談社プラスアルファ文庫)、『肖像画で読み解くイギリス史』(PHP新書)

履歴