古事記を旅する| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

【新設】古事記を旅する 敦賀 ~海の幸の寄り来る海~

講師名 千葉大学名誉教授 三浦 佑之
講座内容
福井県の敦賀市は若狭湾の東端に位置し、海の幸の寄り来るところである。そして南に行くと琵琶湖の北端を通って都へとつながっている。越前蟹(ズワイガニ)は古代から貴族たちの食膳に饗せられていたらしく、古事記のホムダワケ(応神天皇)の条には、カニが自らの旅を歌った滑稽な歌が伝えられている。また、ホムダワケは敦賀にいます気比の大神と名前を交換し、そのお礼に浜いっぱいのイルカをもらったという説話も伝えられていし、大陸から渡り来たツヌガアラシトという神も祭られている。敦賀の地のさっざまな神話や伝承を読んでみたい。
日時・期間 火曜 15:30-17:00 03/05~03/05 1回
日程 2019年 3/5
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,024円
一般 3,456円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 三浦 佑之 (ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/

履歴