「吾妻鏡」の鎌倉| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

「吾妻鏡」の鎌倉

講師名 日本考古学協会会員 馬淵 和雄
講座内容
馬淵和雄
源頼朝入部後150年、鎌倉幕府による街区の改造により、東国の一寒村だった鎌倉は劇的に変ります。前半80年を描写する「吾妻鏡」の中で、「武士の都」鎌倉はどう語られているのでしょうか。講座では、ゆかりの武家屋敷や地名に触れつつ、町の変貌を見ていきます。
日時・期間 火曜 15:30-17:00 11/07~11/07 1回
日程 2017年 11/7
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 2,700円
一般 2,916円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 馬淵 和雄 (マブチ カズオ)
日本考古学協会理事。徳島県生まれ。鎌倉在住。専門分野:歴史考古学・中世文化。研究テーマ:権力と宗教・都市構造論・中世の精神世界・鎌倉論・食文化・東アジア交易・陶磁器
著書:『鎌倉大仏の中世史』新人物往来社、『よみがえる中世 武士の都鎌倉』(共著)平凡社 、『都市鎌倉と坂東の海に暮らす』(共著)新人物往来社、『掘り出された鎌倉』(共著)江ノ電百貨店 、『北条時宗とその時代』(共著)NHK出版、「よみがえる中世都市 鎌倉」(『歴史読本』'94.11月号)新人物往来社 、「鎌倉大仏とは何か」(『大航海』14)新書館、
「鎌倉大仏建立秘史」(『鎌倉と北条氏』)新人物往来社、 「囲炉裏と鍋と―中世の煮炊き」(『月刊百科』315)平凡社、その他一般向け概論・専門論文多数

履歴