病気であっても、病人ではない -個性を引き出す「がん哲学」-| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

【新設】病気であっても、病人ではない -個性を引き出す「がん哲学」-

講師名 順天堂大学教授 樋野 興夫
講座内容
患者さんと対等の立場にたち、その人の命のことだけでなく家族や友人、この経験を通して知り合う他の人の命のことも一緒に考えていくことをモットーとしている医師が開設した「がん哲学外来」。
がんにまつわる様々な悩みを解消できる考え方を提供できればと、多くの患者さんとの対話し、日々奮闘している様子をお話します。
日時・期間 土曜 10:00-12:00 03/17~03/17 1回
日程 2018年 3/17
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 樋野 興夫 (ヒノ オキオ)
1954年島根県生まれ。癌研病理部、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェースがんセンター、癌研実験病理部長を経て、順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授に就任。2008年1~3月に、順天堂医院で試行的に開設した『がん哲学外来』が大きな評判を呼ぶ。肝癌、腎癌の研究での功績が認められ日本癌学会奨励賞、高松宮妃癌研究基金学術賞などを受賞している。著書に「がん哲学外来の話-殺到した患者と家族が笑顔を取り戻す」(2008年 小学館)、「がん哲学」(2011年 EDITEX)「末期がん、その不安と恐れがなくなる日」(2010年 主婦の友社)など。

履歴