古事記を旅する| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

【新設】古事記を旅する 日向から倭(やまと)へ―「神武東征」を考える

講師名 千葉大学名誉教授 三浦 佑之
講座内容
高天の原から降りてきた天つ神は日向の地で三代を過ごしたのちに、四代目にあたるカムヤマトイハレビコが、兄イツセとともに東への旅に出ることになる。これがいわゆる「神武東征」と呼ばれる伝承である。史実なのかフィクションなのか議論のあるところである。ここでは、そのことはひとまず置いて、この講座では、古事記を中心に日本書紀も参照しながら、どのような旅が描かれているか、何が語られているかということを、その道筋を辿りながら考えてみたい。
日時・期間 火曜 15:30-17:00 09/04~09/04 1回
日程 2018年 9/4
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 三浦 佑之 (ミウラ スケユキ)
1946年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。千葉大学教授・立正大教授を経て現職。古代文学、伝承文学研究専攻。2003年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。現在、ウェブ上で「神話と昔話 三浦佑之宣伝板」を運営。http://www.miuras-tiger.com/

履歴