おもしろ半島房総を知る| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

おもしろ半島房総を知る -千葉歩きの達人とちば学を学ぶ-

講師名 千葉地理学会元会長 鎌田 正男
講座内容
房総独特の地形、川廻し / 上総国分尼寺復元施設 / 房総半島最南端野島崎
私たちの住む房総半島はチバニアンでも注目されていますが、地理的にも歴史的にも大変興味深い地域です。海と川に囲まれた半島、日本で一番低い県、縄文時代から住みやすく貝塚や古墳も多い所、下総上総安房の3国の国分寺がある県、ユネスコ無形文化遺産や日本遺産もある、などなど魅力を挙げたらきりがありません。それらを「千葉学」として、千葉の街歩きの達人に学び、故郷千葉を見直していきましょう。今回はそんな千葉県のプロフィールを学ぶ講座ですが、今後は実際の街歩きも企画していく予定です。
日時・期間 金曜 13:00-15:00 06/29~06/29 1回
日程 2018年 6/29
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 鎌田 正男 (カマタ マサオ)
千葉地理学会元会長。千葉の地理や歴史を再発見する講演や現地見学に取り組む。千葉日報「おもしろ半島ちば」連載執筆中。

履歴