東洋古典の漢文で学ぶ健康と医学の考え方| 千葉教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

043-227-0131

月~土 9:30~19:00/日 9:30~15:30 原則祝日休業

東洋古典の漢文で学ぶ健康と医学の考え方

講師名 明治大学教授 加藤 徹
講座内容
講師
充実した人生を送るうえで、健康は何より大事です。私たち東洋人の先祖は、健康や医学についてどのような考えかたをもっていたのでしょうか。本講座では、健康と長寿にまつわる日本と中国の古典の名文を選読し、わかりやすく解説します。俳句「浜までは海女も蓑着る時雨かな」、漢文の「衛生の道あり、長生の薬なし」「病、膏肓に入る」「汝の身すら汝の有に非ざるなり」「聖人は已病を治めず、未病を治む」その他の名文を取り上げ、現代人にも役立つヒントを探ります。

日時・期間 木曜 13:00-14:30 03/14~03/14 1回
日程 2019年 3/14
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,024円
一般 3,456円
教材費
設備維持費 108円
注意事項
講師紹介 加藤 徹 (カトウ トオル)
1963年生まれ。東京大学文学部、同大学大学院で中国文学を専攻。広島大学総合科学部助教授を経て、現在、明治大学法学部教授。著書:『京劇』(中公叢 書・サントリー学芸賞)、『漢文力』(中公文庫)、『西太后』(中公新書)、『漢文の素養』(光文社新書)、『貝と羊の中国人』(新潮新書)、『怪力乱神』(中央公論新社)、『梅蘭芳 世界を虜にした男』(ビジネス社)、『中国人の腹のうち』(廣済堂出版)、『東洋脳×西洋脳』(共著・中央公論新社)などがある。

履歴