朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

「村上春樹の故郷芦屋でたどる作品の原風景」講座ができました!

投稿日 : 2017年06月05日

パンフレット未掲載の講座ができました!
村上春樹の故郷芦屋でたどる作品の原風景

日時:9月9日(土)13:00-14:30
講師:西宮芦屋研究所副所長、神戸国際大学非常勤講師 小西 巧治


村上作品の中には阪神間の多くの風景が隠し絵のように散りばめられています。
夙川と芦屋で幼少期から多感な10代を過ごした作家は、デビュー作『風の歌を聴け』の中で、主人公が過ごした街を小椅麗なレストラン、ブティック、ずらりと並んだ広い屋敷やテニスコートがある『海から山に向かって伸びた細長い街だ』と芦屋がモデルのように描いています。その一方で、海岸の埋立て地に対する複雑な思いも多くの作品に見られます。在野の村上春樹研究家として、新聞各紙をはじめ内外の雑誌やテレビ報道等で活躍する講師が、村上作品の中の阪神間の情景を作者の少年時代の体験をベースにわかりやすく解説していきます。
毎年、ノーベル文学賞が話題になる10月を前に、村上春樹のふるさと芦屋で作品に隠された原風景を知ることで、今までと違った視点で村上作品を楽しむことが出来るでしょう。

申し込みはこちらから(web決済のみ)

web決済以外をご希望の方は、お電話でお申込みください。
(芦屋教室0797-38-2666)