朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

新しい講座ができました!

投稿日 : 2016年05月26日

パンフレット未掲載の講座ができました
「がん」「認知症」と歩くこと 死ぬまでハッピーに暮らすコツ
日時:8月5日(金)15:00-17:00
講師:長尾クリニック院長 長尾 和宏


現代人のあらゆる病気の大半は、「歩かない生活」が原因。歩かないから、糖尿病、高血圧、心筋梗塞、
脳卒中といった生活習慣病を起こし、がんや認知症をも引き起こすのです。積極的に歩くことこそ健康の
原点。脳と臓器が若く保たれ、がんや認知症になるリスクも減らせます。当然、寿命も延びて、人生が豊か
になります。昨年末に出された著書『病気の9割は歩くだけで治る!』をもとに、“歩くことは健康にいい”
という漠然としたイメージから一歩進んで、がんや認知症が歩くことでどのように予防・改善されるのかを
科学的に解説したいと思います。さらに、丹田(たんでん)・肩甲骨・骨盤の3点を意識した正しい立ち方や、
川柳ウオーキングなどの健康になる歩き方もご紹介します。
申し込みはこちらから(web決済のみ)

前方後円墳の出現と弥生円形周溝墓
大和・瀬田遺跡の意義を考える

日時:8月31日(水)10:30-12:00
講師:奈良県立橿原考古学研究所共同研究員 森岡秀人


ヤマト王権の勢力基盤である奈良盆地東南部には、まだまだ重要な遺跡が土中に眠っているようです。
意表を突くように発見された橿原市瀬田遺跡の前方後円形の円形周溝墓は、纒向型前方後円墳から
箸墓古墳への流れに先行する年代が与えられ、話題を呼びました。本講座ではこの考古学上の大きな
成果を受け、あらためて弥生時代の墳墓から古墳の出現に至るプロセスを考え、段階的な成長がとらえ
られるようになってきた円形周溝墓というものを吟味します。円い墓の持つ長い歴史の中に残されたヒントを
拠り所として日本列島の新墓制、前方後円墳出現の謎に迫ります。
申し込みはこちらから(web決済のみ)