手のひらで健康診断| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

病気がわかる!もめば治せる! 手のひらで健康診断

講師名 松岡鍼灸院院長・アジアンハンドセラピー協会理事 松岡 佳余子
講座内容
松岡佳余子講師 / 講師著書 / 手のひらの図
手は全身のツボが集中する“体の縮図”。各器官と密接につながっているため、体内で起きていることをリアルタイムで教えてくれます。東洋医学の手指鍼に基づいて、手の形や手相から健康状態を読み解く施術が「手相診」です。手指が体や内臓とどのような関係があるのかを図で解説しながら、パッと見て、あるいは感触で病気が見つけられる方法をご紹介。腰痛・肩こりといった体の痛みから、熱中症や冷房による冷え症など体の不調まで、さまざまな病気の予防・改善に役立つ「手もみ」もご紹介します。※2回で完結します。



日時・期間 土曜 13:00-15:00 07/07~07/14 2回
日程 2018年 7/7
受講料(税込み)
7月~7月(2回)
会員 6,048円
一般 7,128円
教材費
設備維持費
注意事項 ◆公開講座ちらし11番で詳細をご確認ください。
◆当日は輪ゴム(5本ぐらい)をご持参ください。
◆開講日(7/7)以降のキャンセルはご返金できませんので予めご了承ください。
お申込みの前に 基本的に初心者対象の講座ですが、過去に同講座を受講された方もご受講いただけます。
講師紹介 松岡 佳余子 (マツオカ カヨコ)
1948年生。67年より電気鍼の発明者である中谷義雄博士(医師)の内弟子として鍼灸修行を開始。中国の上海、北京、瀋陽で研修後、90年より高麗手指鍼を取り入れ、手のツボ療法と手相診の普及に努めている。

履歴