蘇我氏の二つの仏教| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

蘇我氏の二つの仏教

講師名 元龍谷大学教授 平林 章仁
講座内容
大臣の蘇我氏が、いち早く仏教信仰を受容してわが国最初の本格的伽藍である飛鳥寺(法興寺)を創建したのをはじめ、海外からの新文化導入に積極的な、進取に富んだ開明的な氏族と評されてきたことなどは、周知のところです。日本書紀に記されたところによれば、蘇我氏が信仰した仏教には、百済よりもたらされ天皇から下賜されたものと、私的な形で信仰していたものとの二種の系統がありました。前者が物部氏との確執を生む原因となったのです。今回は、蘇我氏による仏教信仰受容の情況に関して、物部氏らによる仏教反対の理由が、欽明天皇と蘇我氏で、同じであったのか否か、検討を進めてみます。さらに、蘇我氏の仏教に物部氏らが反対していない事例もあります。これらを含めて、蘇我氏の仏教信仰の実際と、物部氏との対立の真相を考え、物部氏滅亡の本当の理由を探ってみましょう。
日時・期間 木曜 13:30-15:00 06/01~06/01 1回
日程 2017年 6/1
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きをされる方は2番のチラシをご覧ください。
講師紹介 平林 章仁 (ヒラバヤシ アキヒト)
日本古代史専攻、神話・氏族(特に葛城氏・蘇我氏)・宗教・文化。著書に、『鹿と鳥の文化史』『橋と遊びの文化史』『蘇我氏の実像と葛城氏』『七夕と相撲の古代史』『三輪山の古代史』『七世紀の古代史』(以上、白水社)、『神々と肉食の古代史』(吉川弘文館)、『謎の古代豪族 葛城氏』『天皇はいつから天皇になったか?』(以上、祥伝社)、『「日の御子」の古代史』(塙書房)など多数。

履歴