宇宙最初の星の誕生| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

【新設】宇宙最初の星の誕生

講師名 甲南大学理工学部物理学科教授 須佐 元
講座内容
宇宙で最初に輝いた星は初代星(ファーストスター)と呼ばれます。これらの星々は宇宙で初めての天体であるということ以上に、私たちの存在に大きな意味を持っています。なぜなら私達生命の材料である炭素や酸素が、宇宙で初めてこのような星で作られたと考えられるからです。したがって初期宇宙での星の誕生を調べるということは、物質としての我々の存在の起源を探る研究であるということができます。この講座では宇宙の歴史と初代星誕生の物語、およびそれが私達にどう関わりがあるのかについてお話しさせていただきたいと思います。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 06/30~06/30 1回
日程 2018年 6/30
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,024円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は、公開ちらし8をご覧ください。
ご案内 筆記用具
講師紹介 須佐 元 (スサ ハジメ)
1997年京都大学大学院理学研究科卒。筑波大学(学振研究員・助手)、立教大学理学部物理学科(専任講師・助教授)を経て甲南大学理工学部物理学科准教授。2012年より現職。専門は宇宙最初期の星・銀河形成理論。

履歴