手のひらで健康診断―ステップアップ編| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

病気がわかる!もめば治せる! 手のひらで健康診断―ステップアップ編

講師名 松岡鍼灸院院長・アジアンハンドセラピー協会理事 松岡 佳余子
講座内容
講師の著書1 / 講師の著書2
前回の講義では、手の形や手相から健康状態を読み解く「手相診」の基本を紹介しましたが、今回はその続編。「手相と遺伝の関係性」「手もみなどの後天的要素がなぜ重要なのか」「手相のタイプ別で病気・症状を改善する方法」などについて解説します。また、秋冬に役立ちそうな「冷え性に効く手もみ」や「風邪でつらい時の手もみ」など、前回紹介しきれなかった手相マッサージもお教えしたいと思います。

※8月5日(土)の同講座を受講された方のみご受講いただけます。

日時・期間 土曜 13:00-15:00 11/04~11/04 1回
日程 2017年 11/4
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 2,808円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項 ■公開講座ちらし16番で詳細をご確認ください。■前回8月5日(土)の同講座でお配りした資料をご持参ください。
■開講日以降のキャンセルはご返金できませんので予めご了承ください。
お申込みの前に 8月5日(土)の同講座でお配りした資料をご持参ください。
ご案内 【持ち物】前回(8月5日)の配布資料、筆記用具
講師紹介 松岡 佳余子 (マツオカ カヨコ)
1948年生。67年より電気鍼の発明者である中谷義雄博士(医師)の内弟子として鍼灸修行を開始。中国の上海、北京、瀋陽で研修後、90年より高麗手指鍼を取り入れ、手のツボ療法と手相診の普及に努めている。

履歴