神戸建築さんぽ―住吉・魚崎編| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

神戸建築さんぽ―住吉・魚崎編 住吉川界隈の名建築めぐりと話題のチャイニーズランチを楽しむ

講師名 建築史家・京都華頂大学教授 川島 智生
講座内容
倚松庵 / 旧魚崎町役場 / 川島智生講師
明治から昭和初期にかけて、多くの財界人の屋敷が並んでいた住吉。清流・住吉川が流れるこの地には文化人も移り住み、独自の生活文化を開花させてきました。今回は、昭和4年築の谷崎潤一郎の旧邸「倚松庵(いしょうあん)」、御影公会堂と同じ清水栄二氏の設計で昭和12年築の「旧魚崎町役場(現・東灘区民センター分館)」、万治2(1659)年に造られた酒蔵を昭和35年に移築した「菊正宗酒造記念館」を見学。お昼には、本店が『ミシュランガイド兵庫2016ビブグルマン』に選ばれたチャイニーズレストランの老虎菜(ラオフーツァイ)オーキッドコート店で、斬新なスタイルのランチをご賞味いただきます。

7月7日(金)12:30 JR神戸線「住吉」駅改札口集合(16:00頃 現地で解散予定)

【当日の行程(予定)】
老虎菜オーキッドコート店で昼食⇒倚松庵を見学⇒旧魚崎町役場を見学⇒菊正宗酒造記念館を見学⇒終了後、現地で解散



日時・期間 金曜 12:30-16:00 07/07~07/07 1回
日程 2017年 7/7
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 8,748円
一般 9,288円
教材費
設備維持費
注意事項 ■公開講座ちらし15番で詳細をご確認ください。■全行程で2~3km歩きます。
■受講料には昼食代が含まれています。お飲み物をご注文される方は各自でご負担となります。
■キャンセル手数料は6月30日(金)まで540円、7月1日(土)以降はキャンセルできませんのでご了承ください。
講師紹介 川島 智生 (カワシマ トモオ)
1957年生。京都工芸繊維大学博士課程修了。建築史家。学術博士。専門は日本近代建築史、小学校建築史。主な著書に『民藝運動と建築』『奈良の建築家・岩崎平太郎の仕事-武田五一・亀岡末吉とともに』など。

履歴