縄文入門| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

【新設】縄文入門

講師名 立命館大学教授 矢野 健一
講座内容
人面装飾付注口土器(辰馬考古資料館蔵)
約1万3千年間続いた縄文時代には地域色豊かな縄文土器に代表される芸術性あふれるユニークな文化が発達しました。縄文文化は土偶に代表されるように、精神性にすぐれており、現代においても人々の心に訴えかけるものがあります。この講座では、最近の研究成果をふまえて縄文時代の文化・生活・社会に関する基本的な特色を紹介します。現代の日本文化にとっても、縄文文化との関係をどのように位置づけるかは重要な課題であり、縄文と弥生との関係についても議論が続いています。本講座ではこの点についてもわかりやすく解説します。
日時・期間 木曜 15:00-16:30 11/29~11/29 1回
日程 2018年 11/29
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、2番のちらしをご覧ください。
ご案内 筆記用具
講師紹介 矢野 健一 (ヤノ ケンイチ)
1959年、山口県生まれ。1993年、京都大学大学院博士課程修了。博士(文学)。1995年~2002年、辰馬考古資料館学芸員。2002年~2007年、立命館大学助教授(准教授)。2007年より、立命館大学教授。関西縄文文化研究会代表。

履歴