スピノザ入門| 芦屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0797-38-2666

月~土 10:00~18:30 日曜祝日(振替休日含む)と第3木曜は休業

スピノザ入門

講師名 高崎経済大学准教授 國分 功一郎
講座内容
スピノザという哲学者の名前はよく知られています。またスピノザは人気もあります。しかし彼の哲学は難解ということでもその名を知られています。そして実際、難解です。その難解さには実は理由があります。この講義ではスピノザ哲学がなぜ難解なのかから話を説き起こし、そのエッセンスを解説していきます。

日時・期間 土曜 15:30-17:30 09/16~09/16 1回
日程 2017年 9/16
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,024円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は<公開ちらし2>をご覧ください。
ご案内 筆記用具
講師紹介 國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学准教授。専門は哲学。著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版)ほか多数。訳・解説書にジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(岩波書店)、ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)。共訳にデリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』(全二巻、岩波書店)、ミシェル・フーコー『フーコー・コレクション4』(ちくま学芸文庫)、フェリックス・ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』(みすず書房)。

履歴