TOP > 講座一覧 > 哲学・思想・宗教 > プラトンの「パイドン」を読むために
プラトンの「パイドン」を読むために
哲学・思想・宗教

プラトンの「パイドン」を読むために

ソクラテスの死を描くプラトンの代表作『パイドン』は、西洋哲学でもっとも重要で問題含みの著作です。「魂の不死」の論証は、今日では批判される心身二元論の原型として、解釈が問題となっています。本講座では、新訳をもとにこの著作をどう読むべきかを全体として論じます。本作をこれから読もうと思っている方、すでに読んだがよく分からなかったという方々を対象に、この対話篇の魅力と読み方を示したいと思います。(講師談)

講師

東京大学教授・納富信留

詳細

収録日
2020年06月13日(土)
販売期間
2023年12月31日(日) まで
時間
約90分
2,750 円

※講座動画のご購入は、朝日新聞社が運営する販売サイト上で行います。
※ご購入及び視聴には、朝日ID(登録無料)が必要となります。

こんな講座も