メールマガジン利用規約 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

メールマガジン利用規約

本規約は、(株)朝日カルチャーセンター(以下当社という)による各種講座等を紹介するメールマガジンの配信サービス(以下「本サービス」という)を利用するお客さま(以下「利用者」という)と当社との間に適用される条件を定めたものです。利用者が本サービスを利用する際には、本規約の内容に同意の上、ご利用いただくようお願いします。

第1条(利用申し込み)

  1. 本サービスの利用にあたっての登録手続は、当社のホームページで「ユーザー登録」をする際、利用者本人が行うものとします。利用者が必要項目を入力し、登録をした時点で、利用者は本規約の内容に同意したものとします。
  2. 本サービスは、個人ユーザーの方のみ利用申し込みをすることができます。商業的な利用やメーリングリストのアドレスで申し込みをすることはできません。

第2条(登録個人情報)

    利用者が、メールマガジンの申し込み時および、登録内容変更時に登録した情報は当社が所有し、当社が管理するものとします。当社は、当該情報自体を外部に開示することは一切ありませんが、統計データとして第三者に開示することがあります。
    統計データとは、個人が特定できないように処理・加工した、本サービス利用者の「男女比」「年齢構成」「都道府県レベルの居住地の分布」などを指します。

第3条(メールマガジンの配信)

  1. 利用者による本サービスの利用登録後、当社は利用者に対してメールマガジンを配信できるものとします。メールマガジンには当社が運営する講座案内のほか、当社がアカウントを有する各種ソーシャルネットワークサービス、イベントやキャンペーン情報など当社の活動等に関する情報が含まれる場合があります。
  2. 当社は、メールマガジンの配信にあたり、利用者本人が登録したメールアドレスのみ使用するものとします。

第4条(登録内容の変更・購読停止方法)

    利用者は、申し込み時に登録した内容に変更が生じた場合は、、当社のホームページ「ユーザー登録」で、すみやかに変更の手続きを行うものとします。
    購読停止を希望する場合も、利用者本人が上記ホームページで所定の手続きを行うものとします。

第5条(登録解除)

    当社は、以下に該当する場合、利用者の利用登録を予告なく解除することがあります。

    ・利用者が本規約に違反した場合
    ・利用者の登録情報に虚偽、過誤がある場合
    ・利用者により登録されたメールアドレスが機能していないと判断する場合
    ・利用者が第三者になりすまして利用登録を行った場合
    ・利用者により登録されたメールアドレスの利用停止等により配信したメールマガジンが不達となった場合
    ・利用者により登録されたメールアドレスにつき、第三者から登録した覚えがないのにメールマガジンが届いた等の苦情が届いた場合
    ・その他、当社が不適当と判断する行為があった場合

第6条(本サービスの中断・停止)

    当社は、以下に該当する場合、利用者の承諾を得ることなく、本サービスの中断または停止をすることがあります。

    ・定期的又は緊急にメールマガジン配信のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合
    ・メールマガジン配信のためのコンピューターシステムに不良が生じた場合又は第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルス等の感染等によりメールマガジンが配信できない場合
    ・法令等に基づく措置によりメールマガジンを配信できない場合
    ・通信回線等の障害によりメールマガジンの配信が困難な場合
    ・火災、停電、天災等の不可抗力によりメールマガジンの配信が困難な場合
    ・その他、当社が不測の事態によりメールマガジンの配信が困難と判断した場合

第7条(免責事項)

  1. メールマガジンの内容によって生じたすべての影響について、当社は一切責任を負いません。
  2. 当社はメールマガジンの作成に関して万全の注意を払っておりますが、配信される情報に関して、その完全性、正確性他いかなる保証も行いません。
  3. メールマガジンの配信の遅延・未着および、それによって生じたすべての影響について、当社は一切責任を負いません。
  4. 利用者がメールマガジンの申し込み時に虚偽の内容を登録し、第三者に対して損害を与えた場合も、当社は一切責任を負いません。

第8条(著作権)

  1. メールマガジンの著作権は、当社に帰属しています。
  2. メールマガジンの内容は、著作権法によって保護されており、内容の一部または全部を無断で転載・複製・改変・放送・頒布・出版することはできません。
  3. メールマガジンは利用者の私的使用のためにのみ提供されるものであり、これを第三者に譲渡したり承継させたりすることはできません。また、メールマガジンを営業目的に利用したり再販売したりすることはできません。

第9条(本サービスの終了)

    当社は、会員の承諾を要することなく、メールマガジンの配信を終了することができるものとします。また、本サービスの終了に関するいかなる責任も負いません。

第10条(本規約の変更)

    当社は、適宜、本規約を変更することができます。追加・変更は、当社ホームページへの掲載をもって効力を発生するものとします。